英語力を活かせる看護師の求人辞典

英語力を活かせる看護師の求人辞典

2014/12/17 12:20:17 |

英語力を生かした転職先を探しているのであれば、製薬会社の転職はいかがでしょうか?現在日本国内で活動している製薬会社の中には、結構外資系の所が多いです。このため、英語力が必要になります。外資系の製薬会社へ転職しようと思っているのであれば、かなりレベルの高い英語力が要求されると思ってください。

 

というのも製薬会社の中には、海外の担当者と直接商談をすることも十分に考えられるからです。ですから、ビジネス英会話レベルの語学力を要求されることもしばしばです。英語力の目安に関しては、求人情報の中にTOEICや英検のスコアやレベルが目安として掲載されていることも多いです。この条件を見て、自分のレベルは相手の要求するレベルを満たしているかどうかを確認してください。

 

製薬会社によっては、海外から輸入をした薬品を取り扱うようなケースもあるかもしれません。その場合には、英語で書かれた医薬品の資料を和訳するなどの読み書きも必要とされるケースもありますので注意です。

2014/12/17 12:20:17 |

学校や一般企業に至るまで関係者に何かあった時のために、医務室を設けるところが増えてきています。この医務室で勤務している看護師も最近増えてきています。医務室を持っている所の中で、英語力を生かした仕事をしてみたいと思っている看護師がいれば、空港内医務室はいかがでしょうか?

 

空港内医務室は、旅行客や航空会社のスタッフの中でけがをしたとか、体調不良を訴えた人に対して処置を行うのが主な仕事です。空港ですから、もちろん外国人の方が訪れる可能性もあります。そこでその場合、英語を使ってコミュニケーションをとる形になります。

 

空港内医務室の場合、世界中の疫病に関する最新情報を把握しておくことが大事です。世界中を見てみると、日本で流行していないような病気が蔓延しているケースもあります。アフリカでエボラ出血熱の問題が出ましたが、アフリカに渡航歴のある人が空港にやってくる可能性もあります。このように国内では考えられない病気を抱えている人も出てくる可能性はあると思ってください。

2014/12/17 12:20:17 |

看護師の中で英語力に自信を持っていて、そのスキルの生かせるような職場を探しているという人はいませんか?もしそのような職場を探しているのであれば、外資系企業への転職を検討してみるのはいかがでしょうか?外資系企業の中には、医務室を用意している所もあり英語力のある看護師を募集していることがあります。

 

外資系企業ですから、外国人の方も社内では仕事をしています。このような外国人社員が体調を崩したときに、医務室では英語でやり取りすることになります。また外資系企業ということで、取引先もまた外資系企業である可能性は十分考えられます。そして取引先の外国人の方が体調を崩した場合も、医務室で対応することもあるかもしれません。

 

外資系企業の医務室勤務の場合、まず相手がどのような症状で苦しんでいるのかを理解する必要があります。そこでしっかりとしたコミュニケーションをまずはとる必要があります。英会話ができる人で、しかも臨床経験豊富な看護師を求める傾向が見られます。

2014/12/17 12:20:17 |

英語力を生かせる看護師の求人は調べてみるといろいろとあります。その中でもあまり聞き覚えのない求人として、シップナースがあります。決して募集されている数は多くないかもしれませんが、英語力を生かせるチャンスのある仕事です。シップナースとはそのまま訳してもらえばお分かりのように、船に乗って看護師の仕事をする人のことです。

 

大型の客船にもなると、いろいろな設備が船内に取り付けられています。その中には医務室もあって、船に乗っている人の中で体調を崩した人がいれば、そこで処置する格好になります。中には世界中を航海するような客船もありますので、外国人が乗船している可能性もあります。そこで少なくても英語で日常会話ができないとなかなかシップナースの仕事は務まらないと思った方がいいでしょう。

 

また一回航海に出ると、長期間戻ってこれない可能性もあることも認識しておかないといけません。何ヶ月も基本船に乗りっぱなしになる可能性もあるので、体力に自信のある人の方がいいです。

2014/12/17 12:20:17 |

日本国内に在日外国人や帰国子女のために、インターナショナルスクールを開講している所もいくつかあります。インターナショナルスクールでは、基本的に授業などは英語を使って行われます。実は看護師の中で英語力に自信を持っている人の中には、インターナショナルスクールの保健の先生として活躍している人も少なくありません。

 

基本的な業務内容は、日本の普通の学校の保健室の先生と一緒と思ってもらっていいでしょう。しかし子供が学校職員含め、英語で症状を訴えてくるケースも多いので相手の訴えている内容を把握できるだけの英会話力が必要になります。また通常一つの学校で1人の保健の先生しかいないということが多いです。つまり自分ですべてを判断して対処していかないといけないので、ある程度の看護師としての実践経験を持っている人の方が好まれます。

 

保険の先生の募集は多くても1〜2人程度なので、なかなか募集が出ているわけではないことも念頭に入れておくべきです。